生命保険の必要性って⁇

query_builder 2022/08/04
ブログ

今の日本の生命保険(個人年金保険含む)世帯加入率は88.7%にも及んでいます。

全世帯の9割は生命保険に加入しているといわれています。


しかし、生命保険が活躍するシーンが頻繁にあるあけではないので、本当に必要なのか実感がわかず「何となく加入している」あるいは、「何となく加入していない」とおっしゃる方も多いのです。そかし、それは危険なことです。必要性をきちんと判断し、今のご自分の生活に合った適切なプランを組むことが大切です。

生命保険加入の役割と目的

生命保険が持つ役割


  ✓万が一に備える

  ✓病気やけがに備える

  ✓将来に備える


万が一に備える

生命保険は死亡や高度障害状態など「万が一」のリスクに備えておく役割を持ちます。

万が一の際に、葬儀費用や遺された家族の生活に備える保険が「死亡保障」です。

人は病気だけでなく、交通事故や事件などによって急に死亡してしまうケースもゼロではありません。


✭生命保険に加入すれば、突然の事態でも費用面での負担を感じることなく対応できるのが大きなメリットです。


病気やけがに備える

生命保険は病気やケガのリスクに備えておく役割をもっています。


[病気やケガをした際に必要な費用]

 ✓入院費・治療費

 ✓働けない間の生活費・教育費

 ✓治療中の交通費


これらのリスクには医療保険がん保険収入保障保険などで備えておけます。


✭コロナ感染による自宅療養でも入院と認められ10日分の入院保険料が給付される保険会社も・・・


将来に備える

人はケガや病気をせず元気に暮らしていても、いつか働けなくなる時を迎えます。


✭老後の生活やリスクに備えて、個人年金保険や終身保険など貯蓄性のある生命保険に加入しておくと安心です。


なぜ備えるのか…

理由は少子高齢化に伴い年金受給額が減少していることが挙げられます。

今後は、現在支給されている額よりさらに減額し、受給開始も65歳より遅くなると予想されます。また老後資金以外に、「教育資金」「住宅資金」が人生の3大支出についても個人で準備しておくのがおすすめです。




生命保険の設計にはライフプランニングが重要

生命保険の判断し、適切なプ等ンを選ぶには、信頼のおける専門家(ファイナンシャルプランナー

NEW

  • 今日の話題はやっぱり「カタールワールドカップ」ですね

    query_builder 2022/11/24
  • 会社員でも出来る節税対策

    query_builder 2022/11/17
  • 冬の星座を観察してみませんか?

    query_builder 2022/11/14
  • 輝く女性のためのマネーセミナー『お金のレシピ』開催します。

    query_builder 2022/10/25
  • 2024年秋には保険証廃止⁈

    query_builder 2022/10/20

CATEGORY

ARCHIVE